髭スタイル トップページ >髭はイヤだ! > 

髭と抑毛

髭と抑毛

髪の毛の成長を抑えたいと考える方は滅多にいませんが、ヒゲの場合には様々な理由からそのような発想にたどり着く方は、意外なほど多いようです。ここでは、ひげの抑毛とはどのようなものなのかについて、幾つかの側面から見ていきます。

髭の抑毛とは

髭の抑毛とは、何らかの方法を使って髭を生えづらくすることです。現段階では専門の医薬品やレーザー脱毛によって、髭を抑毛するのが一般的です。

髭の抑毛、そのメカニズム

髭はこのサイト内でも何度か紹介してきた通り、男性ホルモンの影響を強く受けます。つまり男性ホルモンの分泌量が多いほど、髭も濃くなりやすい傾向にあると言えます。ここでポイントになるのが、男性ホルモンの分泌をゼロにしてしまうと何かと問題が生じますが、量を適度に抑える程度なら問題がないという点です。そこで、女性ホルモンに似た成分を含むイソフラボンなどで、男性ホルモンの働きを中和して髭の抑毛をするのです。ちなみにこれは、医薬品を用いたひげの抑毛メカニズムで、レーザー脱毛の場合にはこの後、別項目で簡単に説明します。

髭を抑毛する理由

ひげを抑毛する理由は、大きく以下のように分類することができます。

・ヒゲが濃い体質ではあるが、完全に脱毛してしまうには抵抗がある

・自分の目指す髭のイメージと、生えてくるひげの質に大きな開きがある

・部分的にひげの生え方を遅くして、スタイルにワンポイントを付けたい

このようにたいていの場合、「ヒゲが完全になくなるのはイヤだけど、濃すぎるのも困る」というのが、その大きな動機になっているようです。最近では、ひげの抑毛のお手軽感が受け、少しでも以上のような動機があれば、ひげの抑毛のためにエステサロンの門をくぐる方が増えています。

髭を抑毛する方法とは

ヒゲを抑毛するには抑毛剤を使うか、レーザー脱毛をするかのいずれかに限られます。

抑毛剤による髭の抑毛

現在ひげの抑毛の主流を占めるのが、抑毛剤の使用です。一口にひげの抑毛剤と言っても、ローションタイプやクリームタイプなど様々な商品が市販されています。これらの抑毛剤は薬局などで普通に販売されているので、手軽に入手することができます。しかし、医薬品であることには変わりがないので、医師の処方箋に基づいて商品を購入することをオススメします。また、最近のひげの抑毛剤は他のヘアケア・スキンケアグッズと同様に、髭の成長スピードを抑えるだけでなく、肌や毛穴を清潔にする効果が含まれたものも少なくありません。ですからきっと、様々な方のニーズを満たしてくれるでしょう。ただし、髭の抑毛剤は一般的に値段が高めに設定されていて、1万円前後が市場の主流を占めています。

レーザー脱毛による髭の抑毛

このサイト内の「髭脱毛」のページで紹介したレーザー脱毛技術により、髭を完全に脱毛してしまうのではなく、髭を薄くすることも可能です。具体的にはレーザーの照射パワーを抑えることで可能な技術ですが、専門のエステサロンに行けば「減毛」として取り扱っています。髭の濃度を部分的に濃くしたり薄くしたりできるのがメリットですが、たいていの場合保険の適用外なので、それなりにお金がかかるのが難点です。

髭の抑毛に、ブームの兆しあり!

髭の抑毛はこのように、気軽な感覚で進めることができるので、現在ブームの兆しが見えています。「男性が女性化している」と言われる昨今にあって、将来的に髭は無用の長物になっていくのかもしれません。しかしこれとは全く逆に、髭の抑毛により毛質の濃淡を調節することで、自分の理想の髭スタイルに近づくことも可能です。つまり髭の抑毛は、より多方面のニーズに応えることができる技術なのです。こうして考えるとひげの抑毛は、「男性の髭に対する心理」を上手に突いた発想なので、流行の気配があるのもわかる気がしますよね。

髭を知る
髭を伸ばす
髭はイヤだ
髭グッズ
髭雑学

髭の剃り方

髭脱毛

髭と抑毛

その他のサイトを検索

このサイト内を検索

このページをブックマークする