髭スタイル トップページ > 髭グッズ > 

髭と肌質

髭と肌質

顔には、その人の生活の様子が浮き彫りになっているのです。夜更かしが過ぎれば精彩を欠いた肌になり、食生活が不安定ならかさつきや脂分が外に出てきます。肌質が悪ければ、ひげを伸ばしたり剃ったりといった手入れにも悪影響が出てしまいます。自分の肌質を知り、ヒゲと肌に良いスキンケアを伝授していきます!

髭と肌質の関係とは?

肌質を詳しく知る!

肌質は、その名の通り「肌が持っている性質」のことです。特に顔の肌は、外部に露出している割合が大きい部位なので一番気を使う場所でもあります。特に、男性の場合は化粧をする機会が少ないので肌の手入れを怠る人が多いと言われています。しかし、肌のケアは男性女性関係なく必要であることは確かなのです。

今すぐ判る肌質チェック

では、男性の肌質にはどのようなものがあるのでしょうか?

オイリー肌

指で顔をなぞると「つるん」とした感触と、指にテカリが残る人はオイリー肌に分類されます。オイリー肌は脂の分泌が強いので毛穴が黒ずみがちになっていることが多く、ニキビなどの吹き出物を伴うことが多くなります。

ニキビ肌

生え際から頬に掛けて、何らかの吹き出物が現れている人はニキビ肌に属しています。ニキビは毛穴が塞がったことでアクネ菌が繁殖して、脂分や汚れが盛り上がってできるものです。ニキビのケアを正しく行わないと、きれいな肌にはなりにくいのです。

乾燥肌

肌を触った時、指に伝わる感触がザラッとしていてすべりが良くない人は乾燥肌に分泌されます。乾燥肌は、毛穴から分泌される皮脂が少ないのが原因と言われています。感想肌になると痒みが強くなって、ガリガリと掻き毟ってしまうことが多くなります。

普通肌

これらのどれでもないのが普通肌です。普通肌はすなわち「健康的な肌」でもあり、オイリー肌・ニキビ肌・乾燥肌でもスキンケアを重ねれば普通肌に改善されていくことがわかっています。

肌質に関する髭のトラブルとは

では、肌質が良くないとヒゲにどのような影響を与えるのでしょうか?

カミソリ負けしやすくなる

カミソリ負けは皮膚が弱っている時にひげを剃ると起こる現象で、出血を伴います。肌が滑らかな状態ではカミソリ負けは起きにくいのですが、乾燥肌や身体が疲れている時などは摩擦が強くなりカミソリが髭だけでなく皮膚を削ってしまうのです。

髭の剃り残しが多くなる

オイリー肌やニキビ肌の場合、しっかり髭を剃ったつもりでもブツブツと髭が残ってしまうことがたびたびあります。カミソリの刃の滑りが良い分だけ、カミソリの流れに逆らわないで残ってしまうひげが出てきてしまい剃り残してしまうのです。

髭の伸びが速くなる

身体が疲れている時ほど、髭の伸びが速くなるというデータがあります。肌は一番疲れの出やすい場所でもあるので、肌が弱っている時は髭が伸びやすくなる時でもあるのです。肌が疲労で弱ってしまうのは、普通肌・オイリー肌・ニキビ肌・乾燥肌といった肌質の分類に関係ないことなので、「疲れている」と感じたら早めに休むのも重要なスキンケアになります。

髭と肌質に合わせたスキンケア法を紹介!

では、自分の肌質を改善し快適な髭剃りをするために、どのようなスキンケアを心掛けていけば良いのでしょうか?

オイリー肌・ニキビ肌に合ったスキンケア法

オイリー肌・ニキビ肌とはつまり、毛穴から分泌される皮脂の多さによって毛穴が汚れ、目詰まりしてしまう肌です。毛穴の汚れを洗い流すことがオイリー肌・ニキビ肌の改善に効果を発揮するのです。スクラブ入りの洗顔料で一日2回程度の洗顔をし、保湿効果のある化粧水や乳液で肌を引き締め、水分を保つようにします。日中、肌が脂ぎってきたと感じたのならあぶらとり紙などでふき取るようにしましょう。

乾燥肌に合ったスキンケア法

乾燥肌は皮脂の分泌が少なく、肌が水分を保っておけないためにかさついてしまう肌なのです。洗顔料は保湿剤などが配合されているようなものを選びましょう。洗顔後は、肌に潤いを与えるために化粧水をしっかりと肌全体に馴染ませ、保湿クリームで水分を逃さないようにします。

普通肌を保つためのスキンケア法

普通肌が最も健康な肌なので、スキンケアとして注意すべきなのは「毛穴の汚れを取る」ことと「皮脂をコントロールして肌の潤いを保つ」ことです。洗顔は水を使うので洗うだけで肌に水分が補給できると考えがちですが、洗顔のたびに水分と、水分を保つために必要な分の皮脂まで洗い流してしまうのです。なので、朝にスクラブ配合の洗顔料でしっかりとした洗顔を行い化粧水・乳液で肌に潤いを与えるようにし、かさつきを感じたのなら保湿クリームを使い、テカリを感じたら洗顔の回数を増やしておきましょう。

肌に優しい髭剃り法とは?

スキンケアで肌質を改善した後は、肌に優しい髭剃りを実践していくだけです。乾いた髭は、同じ太さの銅線と同じ硬さを持っていると言われています。髭が硬いと、髭剃りの時どうしても力が入ってしまうのです。髭を柔らかくするためには、適当な温度で水分を与えることが肝心です。床屋さんなどでやってもらうように蒸しタオルを用意して、髭を剃る前に顔全体を温めるのがベストなのですが手間が掛かるので洗顔を水ではなくお湯で行うようにするだけでも構いません。髭が柔らかくなったらたっぷり泡を付けて、カミソリなどで力を入れすぎないように丁寧に髭を剃っていきましょう。

髭を知る
髭を伸ばす
髭はイヤだ
髭グッズ
髭雑学
髭と肌質

カミソリ

シェーバー・バリカン

シェービングフォーム

アフターシェーブ


その他のサイトを検索

このサイト内を検索

このページをブックマークする