髭スタイル トップページ > 髭雑学 > 

髭と生活環境

髭と生活環境

俗に「空気の悪いところでは鼻毛の伸びが速い」と言われます。これは洗浄フィルターの役目を果たす鼻毛が、空気の汚れを取り除く性質を持っているため周囲の環境に適応した結果であるとされているからです。では、髭も同じように環境の変化によって伸び方が変わるのでしょうか?

髭基礎知識・人間の身体の持つ環境への適応

ダーウィンの唱えた進化論では、「生物は周囲の環境に合わせて自身を変化させる力を持ち、その変化を子孫に受け継がせていくことで進化する」とされています。この環境への適応力は今の人類にも受け継がれているといわれています。前述の鼻毛や体毛などは、この適応能力が特に強いといわれ、皮膚や粘膜を守るために濃く生えることがあります。

髭基礎知識・人体に変化を及ぼす環境とは何か

では、環境への適応による変化を起こさせる「環境」とは何を指しているのでしょうか。環境とは、人間を取り巻く大気や生活を行う場所、ライフサイクルやスタイル、天気や温度の違い、日常生活の内容などを要素とした集合を指します。「環境の変化」とは、これらの環境を構成する要素が変わることで起きるものなのです。

髭も環境の影響を受けるのか

では、ひげは環境の変化によってどのような影響が及ぼされるのでしょうか。ヒゲなどの体毛の場合、環境の変化によって起こる影響には「毛の伸びが速くなる」「毛が伸びにくくなる」「一つの毛穴から数本同時に毛が生えてくる」「毛がまったく生えなくなる」などがあります。ひげの場合は、伸び方が顕著に変化するようです。

どのような環境が髭に影響を及ぼすのか

では、どのような環境がヒゲに影響するのでしょうか。現在では、運動不足や栄養バランスが崩れていると伸びるのが速くなることが判っています。また、その逆に充分な栄養を取りスポーツをしている人は髭が伸びにくいことも判っています。また、外的要因などでホルモンバランスが崩れると女性でも髭が生えたり、男性でも髭が生えなくなることもあります。

環境に左右された髭はどうなるのか

「髭の伸びるのが速くなるなら、運動せず栄養不足状態を自分から作ればよいのでは」と考えた人もいるかもしれません。しかし、運動不足と栄養不足は健康を害することに繋がるので、わざと運動不足状態と栄養不足状態を作るのは非常に危ないことです。また、この状態で伸びたひげは、毛を覆ううろこ状のキューティクルが不足しているため切れたりしやすくなる上、肌自体も弱くなってしまいます。つまり、不健康な形で伸ばした髭は長持ちしないものなのです。

環境に左右されない髭を伸ばすには

では、環境に左右されない健康的な髭を伸ばすにはどうすればよいのでしょうか。重要なのは「偏らない生活を意識すること」です。健康的な生活を意識している人は、環境が変化しても自分のリズムを崩すことなく、バランスの取れた生活を送ることが出来るのです。運動や栄養バランスを考えた食事や、ストレスを溜め込まないようにする方法などを正しく行い、「次の日に疲れを残さない」ように生活することで肌の張り・ツヤやキューティクルの維持を行うようにしましょう。

髭を知る
髭を伸ばす
髭はイヤだ
髭グッズ
髭雑学

モテる髭・モテない髭

髭のエチケット

髭が禁止のスポーツは

髭を生やした偉人・有名人

髭と生活環境

髭とモミアゲの見分け方

髭の人気ランキング

髭と民族性


その他のサイトを検索

このサイト内を検索

このページをブックマークする